スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
모두 다 이룰 거야
登録販売者の試験。

はじめは争うつもりなんて全くなかった。

ただ、だんだん意識し始めてしまった。
ライバルだと思われていること。
自分が受けるから、受けると決めたらしいこと。
いつも高得点を報告してくること。

「だから何?」と思って、相手にしてなかった。
相手にされていても。

でも、1回目を受ける時に、その存在が頭から離れなかった。

1回目を終えた時、あまりの出来の悪さに情けなくなった。
2回目は、いつも片隅にいた存在と一緒だ。
『じゃあ、戦ってみるか』と思い始めた。
意識し始めたほうが余計にやる気が出てくる感じがした。

私も、ライバルだと思い始めたのかもしれない。
今日、この間の点数を聞かれた。
「(低くて)やばくない?!」と言われた。
出来の悪さは自分が一番よく分かっている。
だからなのか、他人に言われるとかなり腹が立つ。
悔しくて仕方がなかった。
絶対に負けなくないと思った。
自分にもだけど、その人にも。

その後、先生がおみやげをくれた。
この間、学問の神様を訪れた時のおみやげだ。
合格祈願をしに、わざわざ行って下さったらしい。
行かれたことは知っていたが、わざわざだとは思わず、
あまりに感動して涙が出そうだった。
本当に本当に有難い。

仕事を終えて帰ってきてから、この2つのことを母に話した。
はじめは「悔しい!悔しい!」ばかり言っていた。
ライバルの存在。
あちらがメラメラと燃やしているのなら、こちらも燃やしてやろうかと。
「性格、更に歪むな」と思いながらも、もう意識はそっちに向けていた。

その後に、先生のことを話した。
おみやげ頂いたこと、わざわざ行って下さったこと。

母が言ったのは「ライバルがどうとか言うより、そこまでしてくれる先生に
結果で恩を返すことのほうがずっと大切だよね」という言葉。

あ、自分は間違っていたんだ。
と気付いた。
やっぱり初めの自分は正しかったんだと
争うものではないこと、代わりに出願して下さった店長、
いつも問題用意してくれる社員さん、商品使って成分教えてくれる先生、
その方々たちに、自分は恩返しをしなければならないということ。

「(先生のこと)そこまでしてくれる人はなかなかいないよ」
そう言われて、本当にそうだなと思った。

自分は本当に多くの人に支えて貰っている。
優しい気持ちに支えて貰っている。
その気持ちを背負って、受ける試験なんだ。

ライバルがどうとか言ってる場合ではないんだ。

「(ライバルに)負けないぞ!って気持ちで頑張るのは大切。
でも、そっちを意識していたら絶対イライラしてきて疲れる。
あなたの性格上、それで頑張るのは無理。
「恩返ししよう」って思ってたほうが優しくなれる。
どうせ勉強するなら、優しくなれる方がいいでしょ?」

そう言われた。
本当にその通りだ。

ライバル心に火をつける前でよかった。
火をつける必要はないんだ。

自分のための試験かもしれない。
でも、それ以上に「恩を返す」試験なのかもしれない。

たくさん受け取った有難い気持ちで返すことができる方法はただ一つで、
「合格」という形を残すこと。
本当にただそれだけ。

受かればきっと、仕事も、生活も楽しくなる。

絶対に受かりたい。
前回、悔しい思いをしただけに尚更。

自分を大きく成長させたい。
기억하나요?
今日、薬剤師が起こした間違いの件で、
自分が叱られた。

伝えられた時、相手の機嫌は大分悪そうだった。
かなり怒っているのがすぐに分かった。

謝った。
伝えられた内容の中には、一つ分からないところがあったので、尋ねてみた。
でも、「いけない事だから」の一言で片付けられてしまった。

ショックと苛立ちが起こった。
怒られたことに対してのショック。
それと『なぜ自分が謝らなければならないのか』という苛立ち。

けど、それが社会人なんだ。
自分のことじゃなくても、謝らなければならない。

問題を起こした本人ではないけれど、
連帯責任なんだ。

だから、仕方がないんだ。

どんどんどんどん考え込んでいってしまった。
・自分がしっかりしていれば、防げたことだったのではないか、
・これからのためにもっとしっかりしなければならない
・もっと責任を持たなければならない
・周りに迷惑をかけないようにしなくちゃ
・負担にならないように仕事をしていかなくちゃ
・やっぱり自分は何もできていないのだなぁ...

せっかく自信を持ってやって行こう!と、内心少し思っていたところで、
あっという間に自信が無くなってしまった。
せっかく膨らませた風船の空気が、全部抜けていくように。

言われたことが余程ショックだったんだろう。
自分にベクトルを全部向けた。ずっと向けていた。

伝えてきた方の雰囲気は悪いままだった。
もう一度謝らなければ気が済まなかった。
そうさせてしまったことがとても辛かったから。

改めて謝った時、マニュアルを読んでおくように言われた。
目を通していたら、新人の薬剤師さんが
「あなたが悪いわけじゃない」「そんな背負わなくていいよ」
と仰ってくださった。
その言葉に、少しだけ涙が出た。唯一の救いだった。

今日のことは未だに引きずっている。
明日も引きずっているかもしれない。

新人さんの言葉がなかったら、救われることもなく、
もっと凹んでいたかもしれない。

明日が怖い。
Don't say Goodbye.
昨日。

大好きだった、愛犬とお別れした。

16年間一緒だった。

いつまで経っても涙が止まらなかった。今でも泣ける。

数え切れない想い出がよみがえった。

春には桜が舞う下で一緒に過ごして、夏は夜空の大きな花火を見た。
秋は鮮やかなイチョウの木を眺めて、冬は真っ白の雪の上で遊んだ。

散歩に行くことが多かったから、そこでの風景をよく思い出す。
春は、野花がたくさん広がって咲いている様子を教えてあげた。
「きれいだね、すごいねー!」って。
田んぼの近くだったから、そこにいる虫もよく見てたね。

夏は、涼しい田んぼ道を歩いた。
風が抜けてとっても気持ちがいい道。
いつまでも歩いて行けそうな気がした。18時を過ぎても明るかったからね。

秋は落ち葉の上をよく歩いた。
ひとりで落ち葉の上をサクサク歩くから、おかしくて仕方なかった。
いつまでもサクサク聞こえるのは、君が歩いている音なんだ。不思議な安心感。

冬は寒くて散歩が億劫だったけど、冬生まれだったからか、
寒さを感じずに歩いてた姿が印象的。
雪が降ってもへっちゃらで、よく雪の上をはしゃぎ回っていたね。

水は大嫌いだったけど、雪は大好きだったのかな。

ここには書き切れないほどの想い出が、思いがいっぱいなんだよ。

小さいときからの写真を見た。
「こんな頃もあったなー」って懐かしくなって、笑っちゃうんだけど、すぐに
『ああ、もう二度と戻ってこないんだな』って思っちゃって、
涙が止まらなくなる。

あの声を聞くこともない。走ってかけ寄ってくることも、
機嫌悪くなって文句言うことも、すやすや寝てる姿を見ることも。

もう二度と出来ない。

もう戻ってこないんだ。

そう考えると、物凄い悲しみに襲われて、何もすることができない。

こんなに悲しいことはない。
でもね、
悲しい気持ちより、「ありがとう」って思う気持ちのほうが遥かに大きい。

こんなに長い間、生きてくれて、ありがとう。
一緒に遊んでくれて、ありがとう。
辛いとき、隣で励ましてくれて、ありがとう。
いつも支えてくれて、ありがとう。
いつも帰りを待っていてくれて、ありがとう。
たくさん癒してくれて、ありがとう。
いっぱいワガママ聞いてくれて、ありがとう。
我が家に来てくれて、ありがとう。
出会ってくれて、本当に本当に、ありがとう。

嫌なことなんて、一つもなかった。

いつも本当にいい子だった。本当に本当に可愛い子だった。
世界一可愛いと思ってた。
自慢の愛犬だった。

あんな素敵な子に出会えた私は、本当に本当に幸せ者だと、
心の底から思う。

一緒に過ごした16年間、かけがえのない宝物。
一生忘れることはないよ、当然!

苦しいこともあったでしょう?辛いこともあったでしょう?
イライラしたこともあったでしょう?
気付いてあげられなかったことも、たくさんあった。
ごめんね。
ダメな飼い主でごめんね。

『あぁ、ぼくはここに来られて幸せだった』と、
ほんの少しでも思ってくれたなら、もうそれだけで充分だよ。
もうそれだけでものすごく幸せだったよ。

ここまで、よく頑張ったね。

今まで、本当に、本当に、ありがとう。

いつまでも幸せでいてね。

それが今の私の願い。

Sign.
今の自分は、とにかくおかしい。

痛いのに、手指、血が出るまで傷付ける。
ストレスでおかしくなってるのか。

気疲れと、ネガティブな感情にやられてる気がする。
自信の無さがとにかく大きい。

先生は時々、応援に行ってる店舗の事務さんの話をする。
「とにかく仕事ができる人なの」「薬局もOTCも全部把握してる」
「気が利く人で...」「あなたも見習ったほうがいいわ」

そんなことを言われるたびに、自分は本当にできていないんだと自信を失くす。
先生はただ思ったことを言ってるだけかもしれない。
でも、どうしても、その話=あなたは全然できていない と言われているようで。


自信持たなきゃ、仕事なんてできない。
今の職場は特にそうかもしれない。

けど、そうやって言われることをイチイチ受け止めては自分と比べてしまったり、
自分を信じて動いたことも、良くない結果として返ってきたり、
誰かにとっては良くないことだったと、後から気付かされたり、
そんなことがあるから、自信が持てない。
自信を持てたとしても、すぐに無くなってしまう。

あとやっぱり大きいのは、周りに影響され過ぎてしまうこと。
今の自分は、周りの機嫌を伺いながら、動いているところがある。
それが今、一番大きい。

周りの人の感情や表情に簡単に流されて、
「自分が悪いのでは」と、すぐに自分にベクトルを向けてしまう。
必ずそうとは限らないと思う。

でも、いつまで経っても、今までと明らかに違う声のトーン。表情。
気にせずにはいられない。

その人は別の人には至って普通に接している。
「自分にだけかもしれない...」そう感じると、
やっぱり自分が悪いことをしたせいかと思ってしまって。

自分より年上の人には気を遣うもの。
だから、周りの人には普通で、年下の自分にはあからさまに表すのかもしれない。
そんなの分からないんだけど。

とにかく、今の自分は周りを気にし過ぎ。
常にビクビクしてる。
もう何年もやってるレジの仕事だって、ここ最近は
常に『間違ってるかもしれない』と思いながらやってる。

本当に自信が無い。

自分はダメなんだと思い込んでる。
自分を信じてないから、信じることができないから、
一度やったことも、何度も何度も、確認する。
それでも不安が消えない。

自分はできない、と思っているから。
正しくできている自信が全くないから。

自信なんて、今は1%もないかもしれない。

何も信じてない。
周りも、自分自身も。

ただ周りの雰囲気に飲まれ、合わない状況にストレスを感じ、
イライラが溜まって、苛立ちの中でも不安を感じて。

もう、ぐちゃぐちゃだ。

失敗犯したって、隠そうとしちゃう。
隠しちゃうときもある。
自分で犯したことなのに、自分を守ろうとする。
自分を傷付けないために。

でも、隠すことは悪いことだと思っているから。
隠して自分守りながら、ビクビクしている。


いつまで経っても、この状況から抜け出せない。
もう嫌なんだ。

もう信じられない。
ただ、嫌なだけ。あの職場に行きたくない。

楽になりたい。精神的に。

こんなんだから、最近、全然笑えてない。
どんどん表情筋?が衰えていくみたい。

ずっと無表情。笑いたくても笑えない。
笑わなくちゃいけなくても、笑うことができない。

鏡に写った自分の姿。とても醜くて、もっと自分が嫌になる。

痩せたら可愛くなれるかもしれない、少し自分のことが好きになれるかもしれない。
そう思って、ダイエットしようと思う。
やる気出るときもある。でも、身体がついていかないことが多い。

それってただの言い訳なんだろうな。

こうやって、いろいろ書いてるのだって、ただの言い訳に聞こえそうで。
そんなこと思うと、もっともっと自分が嫌になる。
他人にどう思われたっていいのに。
自分が少しでも楽になるために吐いているだけなのに。
「言い訳する自分情けない」って思っちゃって、自己嫌悪。

いつになったら、この負の世界から、抜け出せるんだろう。

そのために必要なのって、努力なんだろうね。
でもね、やっぱり、時々、身体がついていかない。

もうどうでもいいや、って思っちゃうときもある。

本当におかしいな。
もう戻れない。
私が苦手な、金曜の夜。

「しっかりしないと。」という気持ちより、
「何もやらかさないようにしなきゃ...」っていう気持ちのほうが強いのかな。
似ているようだけど、自分の中では少し違う。

後者が強い。だから、ビクビクしてる。
不安や恐怖が大きいから、責任感に欠けるんだろうね。

先週もそうだし、いつも何かしら間違えてしまうから、
「今日は何もしないようにしなきゃ!」
そう思っていても、やっぱりどこかで怯えていて。

伝票、間違えて2回印刷かけちゃった。
在庫数に影響してくるから、ただ印刷して処理するだけでも、
しっかり確認しないといけないんだなって、反省。

最後の入金確認。
先週、間違えたところだから、やるの怖かった。
間違えないように細かく確認してると、どうしても時間が掛かってしまう。
だけど、ミスはなかったし、誤差もなかった。
ちょっと安心。

他にやることないか、確認した。
今日はそれが終われば大丈夫だったみたい。

先生もあがられそうな感じだったので、
あがって大丈夫か聞いてみた。

「あぁ、もう大丈夫ですね」って、先生、笑顔だった。

『あ、笑ってくれた』と思った。
安心した。すごく安心した。

あぁ、帰って大丈夫なんだって(笑)

ミスしてしまったことへの罪悪感は残ったままだったけど、
先生の笑顔が見れたら、少し消えてしまった。

仕事がちゃんとできて、ミスなく、早く終わらせられれば、
先生は明るい声で、答えて下さるのだな。
今日みたいに、笑顔で答えて下さることもあるかもしれないのだな。

それに気付いて、声が低かったり、表情も暗かったときは、
“帰ってはいけない” もしくは、“仕事がちゃんとできていない証拠”なのだと
はっきり確信した。

もっともっと、頑張らなければいけないと思った。
PREV ←  MAIN → NEXT
プロフィール

由良

Author:由良
                          
毎日のひとりごと。
 
*Love  Disney, Dale, Xia
                                                                                                                    
*Like   Ryeowook
       Suzumura Kenichi

                            

最近の記事
カテゴリー
カウンター
Thank you!
web*citron
ブログ内検索
リンク
OTHERS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。