スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DISNEY'S クリスマス・キャロル
見てきました。
思っていたものとは全然違ったけど面白かったです!
クリスマス=温かくて幸せを感じるいいイメージだったので、この映画も心温まる物語的なものだと
思っていたのですが、そんなことはなかったですね。
簡単にあらすじを言うと、
お金がすべてで、家族を持たず、人との絆に背を向け、ただ己の金銭欲を満たすためだけに生きるスクルージは、街一番の嫌われ者。
あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジネス・パートナーの亡霊が現われ、スクルージを彼自身の過去・現在・未来をめぐる時間の旅へと連れ出す亡霊にとりつかれると予言する。

ぶっちゃけ言うと、半分くらいホラー映画です。
ディズニーだしね、子供向けだと思って見に行ったんだよ。
そしたら怖い怖い。何回も驚かされました。絶対肩ビクッてなったわwww

死にそうな子がいるのに対してスクルージ、また現在の亡霊がスクルージに言った
「(この子は死ぬ)ならば死ねばいい、余計な人口が減ったほうがマシだ」という言葉。
この言葉はなんか響いた。いや、勿論いい意味で響いたわけではないですよ!
いろいろ心に響くというか、そんなシーンや言葉がたくさんありました。
一番響いたのはティム少年の「神のお恵みを。すべての人たちに。」です。

そうそう、昨日も書いたんですが初3D映画でした。
画がめちゃくちゃ綺麗だったので3Dだと倍楽しめた感じがします。
目の前に迫ってくる…というような迫力はあまりなかったけど、雪とかは掴めそうな感じだった^^

ずーっと幸せな温かい映画だと思い込んで行ったので、その違いにはかなり驚きましたが、
いい映画だったと思います。
世界史で名前が出てきただけあって勉強になるところも少ないけどいくつかありました。
自分だけかもしれませんが泣けるシーンもありましたよ。結構泣いた。
最後のシーンはすごく温かくてよかったです。


今のあなたは、あの頃なりたかったあなたですか?

未来は、まだ変えられるかもしれない…




「Alice in Wonderland」絶対見に行きたい!
スポンサーサイト

テーマ : 今日観た映画
ジャンル : 映画
TRACKBACKS
COMMENTS





 
プロフィール

由良

Author:由良
                          
うつと戦う、ひとりごと。
つよくなるために。
 
*K-popと言葉と写真が好きです。                                                                   

                      

最近の記事
カテゴリー
カウンター
Thank you!
web*citron
ブログ内検索
リンク
OTHERS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。