スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30th Anniversary
記念祭、終わりました。
毎日ずっと練習してたけど、いざ終わってみるとあっという間だったなぁと思います。
3年間やってきた中で今年が一番短く感じました。
そして、一番印象に残っているのも今年の記念祭です。
それはきっと委員長だったり薙刀の選抜だったり、責任を感じるものがいつもよりたくさんあったから。
一番重たかったです。
委員長。本当に嫌でした。何度も投げ出そうとしました。
上に立って引っ張っていくような仕事は慣れてないから、どうしていいか分かりませんでした。
たくさん注意されました。失敗もしました。
でも、無事に本番を終わらせることができました。
ここまでやって来れたのは、周りで支えてくださった先生方や、同じ係の人たちのおかげです。
嫌で嫌でしょうがなかったけど、今はやってよかったなと思っていたりします。
少なくとも、いい経験になりました。

薙刀。これは何よりも嫌でした。委員長よりも遥かに。
選ばれたことは、とても光栄に思いました。
でも、得意ではない自分にはとにかく苦痛でした。
たくさん怒られて、たくさん泣きました。
その度に、逃げ出したくなりました。
怒られるのが嫌でした。他の人たちから遅れるのが嫌でした。
そのためには、たくさん練習をして、できるようになるしかないんです。
でも、自分はそのことからも逃げました。
理由は一つ。薙刀が嫌いだったから。
上手くなりたい、でも、嫌いだからやりたくない。矛盾してるんです。
だから、本番の2日前の予行まで怒られてました。
嫌いで逃げたかったけど、どこかでやり遂げたいっていう思いもありました。
本番。
どの係よりも、どの競技よりも緊張していました。
何故だかは分からないけど、すっごく怖かった!
怒られたところがちゃんとできていたかどうかは分かりません。
まともにできたことがないから、きっとできてないだろうな(笑)
でも、やり遂げた感はあります。
今は終わって心から安心しています。
火曜に「できてなかったよ」って怒られるかもしれないけど!

委員長も、薙刀も、自信は全くありませんでした。
最初からできないって諦めてました。
でも、なんとか本番までやって来れました。
ここまで来れたのは、周りで支えてくださった方々のおかげです。
それは学校の先生や友達だけじゃなくて、ブログを見てくださっている人たちも含めてです。
本当にありがとうございました!

学校が大嫌いで、散々愚痴を言ったり、泣いたりしてきたけど、
もう来年の記念祭はないんだ。と思うと少し寂しかったりします。
3年間ずっとやってきた競技も、もうやることはないんですね。
閉会式に近づくにつれて、最後だということを実感してきました。
最後の記念祭が、印象に残るいい記念祭になってよかったと
心から思いました。
スポンサーサイト
TRACKBACKS
COMMENTS





 
プロフィール

由良

Author:由良
                          
毎日のひとりごと。
 
*Love  Disney, Dale, Xia
                                                                                                                    
*Like   Ryeowook
       Suzumura Kenichi

                            

最近の記事
カテゴリー
カウンター
Thank you!
web*citron
ブログ内検索
リンク
OTHERS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。