スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目指せ、さらさら。
金曜日の帰りは、いつもどこかにモヤモヤが残ってた。

なんだろう。

失敗して凹んでいるときとは違う感覚。

今日ようやくそれに気が付けた。

一言では上手く片付けられないんだけど。

調剤室を閉める作業にかかるとき、先生に言われたことをこなしていき、
一通り終わらせたところで、他にやることがないか確認する。

なければ、先生は「大丈夫だよ」と仰る。

で、帰ろうとする。

これは今日のことなんだけど、帰ろうとしたとき、
先生が、私にもできそうな仕事をし始めた。書類整理。

…ちょっと帰りにくい。

黙ってやるのもアレなので、「あ、やります...」と言うと、
「大丈夫ですー」とのお返事。

『じゃあ、大丈夫なんだ』と思って、お先に失礼する挨拶をすると、
なんだかそれまでと違った声のトーン。あと態度?雰囲気?そんなところ。

それを感じて、『あ。これはやれってことなのか?』と判断する。
でも、その後に「やっぱりやりますよ!」というのもなんだかおかしいので、
挨拶して、退勤してしまったんだけど。

ころっと変わった先生の態度に、一気に不安になる。
自分の行動は間違っているのか。

モヤモヤしていたのは、これだ。

自分は正しいことをしているのか、このまま帰ることは正解なのか。
それが分からないままでいるから、いつもすっきりしないんだ。


「大丈夫」と言われた上で、いつまでも残ると、それもそれで怒られそう。
『大丈夫って言ってんじゃん』って。

でも、「大丈夫」と言われたから、素直にそのまま、すぐに帰るのも、
『気が利かない奴だ』と思われそうで。


先生の声のトーンとか雰囲気とか、思っていることとか、
本当にそうなのか分からない。本当のところはどうか知らない。
でも、自分はそう感じる。どうしても悲観的に捉える。
そういうのに無駄に敏感。


本当のことはどうかも分からないのに悩むのもおかしな話かもしれないけど、
これはなかなか苦しい悩みだ。

いっつもすっきりしない。

だから、ちょっと相談してみた。
そうしたら、2回確認してみたら?ってアドバイス。

― お手伝いしましょうか?
― 大丈夫です。
― ...本当に大丈夫ですか?

そうしたら、答えが返ってくるかもしれない。
本当に大丈夫だったら、4番目でも大丈夫って返事が来るだろうし、
もしそうじゃなかったら、そこで「じゃあこれやって」とか、
そういうのが続くんだろう。

あとアレかな。お手伝いしましょうかー?の前に、
お忙しいそうなので…とか入れてみたらいいのか。ちょっと自然な感じで。


アドバイス貰って、『あぁこれ大事だなぁ』って気付いた。
今日はそれが出来なかったから残念というか、情けなくて、反省だけど。
でも、こういう失敗をしたから、学べたワケで。
それはとっても良いことだと思う。

いつまでも今日の情けなさを考えているのではなく、
新しく気付いたことを来週以降、いや明日からでも活かしていくことが、
大切なんだよね。



スポンサーサイト
TRACKBACKS
COMMENTS





 
プロフィール

由良

Author:由良
                          
うつと戦う、ひとりごと。
つよくなるために。
 
*K-popと言葉と写真が好きです。                                                                   

                      

最近の記事
カテゴリー
カウンター
Thank you!
web*citron
ブログ内検索
リンク
OTHERS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。