スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
You can do it.
今日は、オープンキャンパスのお手伝いに参加させていただきました。

見学にいらっしゃった方々の前で、韓国語を話すというお仕事。
お仕事ってほどでもないかもだけど。

留学から帰ってきたということがあって、先生からお話をいただき、
今日、そんなことをさせていただきました。

久しぶりに韓国語を話しました。
留学中はその言葉を話すしかなかったので、とにかくやるしかない!という
感じでしたが、今は当然、言葉が通じるのでね。
話す機会も減って、合ってるのかどうか、不安が少し増えたように思います。
今日は、始まる前に韓国語の先生に確認していただくことができたので、
安心でしたが、でも緊張しました…。

完璧、とはいかなくて、先生方に申し訳ない気持ちもありますが、
でも、このような良い機会をいただくことができて、
ほんとによかったなって思います。

説明会の中で、卒業生の方のお話も聞くことができて、
いろいろ知ることもできたし、留学のお話をされたときは、
改めて「行ってよかったな」と、思うことができました。

最近ね、よく感じていることなんですが、
やっぱり帰ってきてから、甘えが出てるなって。
留学が終わって、もう2ヶ月が経とうとしている今なんですが..

あのときは日本人の方がいて、分からないところはたくさん教えていただきました。
だけど、最終的には自分で動いていくしかなくて。
日本人の方が一緒じゃないときは、完全に自分一人でどうにかするしかなくて。

それ以外でも、体調面とか、困ったときは親にメールをして、
教えてもらっていたけど、それでもその後、行動するのは自分だけで。

どうしようもなく不安のときもたくさんありましたけど、
今思うと、動けていたのかな、と思います。周りの方に支えられながらだけど。
「自分でどうにかするしかない」っていうのが強くあったから、
動いていけたのかなって思う。
なんだろう、こんなこと言える立場じゃないかもしれないけど、
「甘え」られなかったような気がするんですよね。
そういう人もいなかったからね。ほんとに最終的には自分で動くしかなかったから。

今だって、行動するのは自分自身で、それは留学中と変わらないはずなのに、
今はすごく甘えている気がします。なんだか怠けも出ている。
同じように生活することが大事なのに、それができていないです。

情けないです、とっても。
きっと安心しきっているんですね、いろいろな部分で。

韓国にいたときのほうが、しっかりできていたかなっていうのは、
自分でも思います。
それじゃだめだって、わかっているんだけどね。
まだ意志が強くないんでしょうね、なかなか上手くできない。

時々思うんです、もう一度、韓国で生活できたら、って。
そのほうが不安は物凄く多いけど、今よりは考えて行動できる気がするから。
でも、きっと帰ってきたら、今みたいになるだろうから、
同じなんだよね。いつ行って、帰ってきても、同じなんだろうなぁ。

気付くのに、随分時間がかかってしまいましたが、
きっと今は、けじめをつけるときなんだと思います。

しっかりしなきゃいけないときなんだと思います。

それを強く自覚しなきゃいけないんだと思います。


自分が決めた、3年の前期という期間に、自分で決めた道を
行くことができたのは、本当によかったことです。
あの今年の2月から6月という期間に行くことができて、本当によかったと、
心からそう思います。

だから、これからは、もっと先を歩いていかなきゃいけないんだね。

自分のことだから、また時々どうしようもなく不安になったり、
そんなことがあるだろうけど、でも、がんばるよ。

みんな、がんばっているのだし。

ここに止まっていたい気持ちが全くないわけではないけれど、
止まっていてもどうしようもないので、前に行けるように。

もっともっと、越えていけるように。

長くなった…ごめん(・ω・`)
スポンサーサイト
TRACKBACKS
COMMENTS





 
プロフィール

由良

Author:由良
                          
うつと戦う、ひとりごと。
つよくなるために。
 
*K-popと言葉と写真が好きです。                                                                   

                      

最近の記事
カテゴリー
カウンター
Thank you!
web*citron
ブログ内検索
リンク
OTHERS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。