スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまで。
今までは好きなことや思ったことを
ただそのまま書いていたけど。

これからもそれは変わらないけど、少し変えて、
うつを克服していくための場所にもしていきたいと思う。


2年半勤めた調剤事務を去年の秋に辞めて、
少し休んで、教習所に通いながら、就活して、
春に一ヵ所決まった。免許も取れた。
同じ、調剤事務。念願の正社員。
でも、今までの経験が一気にフラッシュバックした。
一週間泣き続けた。自分でも制御できない程、泣いた。
「よくこんなに涙が出るな」と思いながら、泣いた。
電車に乗れなくなった。自殺未遂をした。
結局、その仕事はすぐに辞めた。

これじゃマズイと一ヶ月休むことにした。
好きなことをやろうと思った。
学生時代からの夢を叶えたくて、面接の機会を貰ったら、叶った。
憧れの世界。何年も夢見て来た世界。
でも、現実は厳しかった。
片道2時間の通勤時間、いきなり「帰って」と言われる勤務。
契約内容と違うことが多々あった。
自分の時間が全く取れなくなった。いつも余裕がなかった。
春から心療内科に再受診していたので、先生にも相談した。
「そこは良くないらしいよ」と教えて貰った。
家にも迷惑をかけていたし、辞める決意をした。
仕事は楽しかった。でも、後悔はしていない。

すぐに次の仕事を見つけなければいけないと思った。
今度は家から近くて、安定していて、ちゃんと保険にも入れるところ。
親に迷惑をかけないでいられるところ。
今は、新しいところで働いている。

前と同じ過ちを繰り返している気がする。
「大丈夫、大丈夫」と思っていた。
一コ前で失敗したと思っていた条件を避ければ。
近ければ、安定していれば、時間なんてどうってことないと思っていた。
でも、これが意外としんどい。
契約より長い拘束時間。高校生に指導される日々。
「仕方がない」と割り切れば良いと思っていても、変なプライドがあるのか、
これが出来ない。
「自分は今、何やっているんだろう」「今まで何してきたんだろう」と思う。
指導される度に。
高校を出て、四大を出て、調剤事務としてバリバリ働いていたのに、
(すぐ辞めたけど)夢も叶ったのに、
なんで今こうしているんだろう?

気付かないうちに自分を責めているのか、前と同じ症状が出始めた。
憂鬱で仕方がない。気力がない。カーテンも開ける気がしない。
自分では大丈夫、きちんとフルタイムで働けていたもん!と思っていても、
身体はちゃんとついてきていないのかもしれない。
もう大丈夫、と思っていても、本当は全然ダメなのかもしれない。

後悔している。
ちゃんと向き合わなかったこと、大丈夫だと思い込んでいたこと、
どうにかできるだろうと思っていたこと。

結局、また焦って決めてしまったんだ。

自分の「大丈夫」は全然「大丈夫」ではなくて、
そんなことずーっと前から分かっていたのに、忘れてしまっていたんだ。

あぁ、もっと短時間で働けるところを探せばよかったと
今になってすごく後悔している。

本当に馬鹿だなぁ。

どこかで一度止まってしっかりしないと、いつまで経っても、
トラウマやうつを克服できないんだろう。

もういっぱい休んだし、こんなこと言っていたら甘えだと分かっていても、
すぐに身体は反応する。
いつになったら、つよくなれるんだろう?
スポンサーサイト
あとで思い出すための。
6/27、今日の日記。

久しぶりに色々と思うことがあった。

午前中は薬を飲んでいたからか、思うように動けていたけれど、
調剤室に入った時から少し息苦しかった。
人が多いせいかもしれない。

それでも最初は平気だった。

でも、夕方、夜になるにつれ、少し苛々したりした。
無言で処方せんをこちらに渡されたからか?
用があって話しかけたのに、返事が素っ気なかったからか?
そんなことが溜まっていったのか、
伝票の引出開けた瞬間に、ふぁって何かが起こった。
引出一杯に溜まった伝票たち。『今日1日何やっていたんだよ』と。

伝票処理し始めたのが、19時過ぎ。もう帰る時間。
その後も思うように進まなくて、あっという間に20時。
まぁ、でもいつものことだ。
先生に伝えないといけないこともいくつかあったし。
落ち着いてた時間がやっと来たから、
分からなかった公費のことも教えて頂けたのだと思う。

すごく疲れたけれど、前ほど苛々することはなかった気がするな。
『これも自分のためになるんだ』と分かっているから。
大変な思いをするし、「なんで自分だけ」と思うこともあるけれど、
今やっていることって決して無駄ではない。
必ず、自分の力になると信じているから。

就活を抱えていく今後に絶対活かすことができると、
絶対繋がると、そう思っているから。

だから、大変だし疲れるけれど、「ありがとう」と思うこともある。
経験を積んだ分、成長できると思っているし、
得られることも大きいから。
きっと未来に大きく繋がるはずだから。

それから今日は大ニュース。
最近、大好きなSEVENTEENの公演に当選したの。
何度もメールを眺めて、幸せを感じていた。
震えて、涙が出てきそうだった。
夢みたいな出来事。

そんな良いこともあるから、苦しいこともあるけれど、
もう少し頑張らなくてはと思う。

あとは、そうだな。
就活しているということを先生に伝えなくちゃいけないかな。
ずっと言えずにいる。

今後のことを色々聞いて下さるけれど、多分今の私の答え方では
「続ける気がないから」ということは伝わらない。

勇気が出なくて言えずにいるけれど、
早目に言わなくてはいけないような気がする。
오늘 일기.
前から随分時間が経って。
その間に書き切れない位、色んなことがあったけど。
書き留めておこうと思ったことがあるから、久しぶりにやって来た。

いいことじゃないんだ、全然。

ここ最近の中では一番大きな失敗をしてしまった。
それですごく凹んだ。

メンタルは相変わらずだけど、最近ほんの少しだけよくなったような気がしてて、
それは楽しみが一つ見つかったからなんだけど。

今日はいい天気だったし、新しいキレイな靴を履いていたから、
気分はよかった。

前の日、好きな歌手のドキュメンタリーに励まされて、
『あぁ。自分より年下の子たちがこんなに頑張っているのだから...
自分も頑張らないといけないな』って学んだし、とても勇気付けられた。

だけど、その気持ちが行き過ぎてしまったのか、それで浮かれていたのだろうな。

どこか気持ちがふわふわしてた。
だから「気を付けないといけないなぁ」とふと思ってもいたけど、
やっぱり何か起こしてしまった。

反省した。
失敗したことは当然。気持ちが浮かれているのに気付いていたにも関わらず、
コントロールできなかった自分。
とてつもなく恥ずかしい。情けない。

こんなの、何回目かな...?

大きな事になってしまうのではないか、っていう不安が考える度に大きくなっていく。
ほんと、大きくなってしまったらどうしよう。

いつでも謙虚でいなければならないな、と思った。

「嬉しい」とか「一生懸命やろう」とか、そういう気持ちを抱くことは、
今の自分にとって、とても大切なことだし、それは立派なことだとも思う。
でも、行き過ぎてはいけない。
急に持って行ってはいけない。
あくまでも少しずつ。少しずつ、なんだ。

…あー、やっぱりダメだなぁ。
失敗やミスがない完璧な人にはなかなかなれないし、
(完璧な人なんていないって言うけどさ)
こういうの引き摺る癖、昔から全然直ってない。

失敗したのは大きな出来事で、情けなくなったし、
同時に今日は仕事が少ない日だった。

周りの方が今まで自分が一人でやっていた事をやって下さっていて、
それはとても有難いし、自分が望んでいた事でもあるんだけど、
いざそうなると「助かる」というより、
「自分って必要ない人間なのかも」って思った。

それは能力として、というより、存在として。

登販の資格がないから、売場に出ても仕方がない。
でも、中でやることがなければ、自分の居場所がない。

今まで真っ暗闇の中にいて、今もまだそこにいると思ってるけど、
よく面倒見て下さるパートさんが事務に来るかもって聞いて、
それなら頑張れそうって思えたり、
さっきも書いたように、楽しみが見つけられたから、
辛い仕事も環境も少しずつ乗り越えられるんじゃないかって
少し希望を持ってみたりもしたけど、
やっぱり、この先を見つけに出かけた方が良さそうだ。

じゃないと、きっとこのまま。

パートさんの話も白紙になりそうだし。

どこかで変えないといけないし、変わりたいと思う。
Goodbye.
『死にたい』

最近、仕事帰りによく思うこと。

勇気を出して「負担が多過ぎる」と話したのに、結局何も変わってない。
寧ろ、増えているような気がする。

発注。
リーダーが「時間なので上がってもいいですよ。あと、やっておきますから」
普通は「これだけやって帰ります」とか言わないの?
真っ直ぐ帰って行った中途社員。
退勤時間は一緒なのに、結局「私がやっておきますから」と言って自分がやった。
リーダーに気遣うとかないの?
いい大人して。言われたままに従うって考えなの?

それより、女子社員。
「私がやります」とか、一言もないことにびっくりした。関係ないようなフリ。
自分のことばっかりなんだ。

周りの人だって仕事抱えてて、大変で、早く終わらせたいと思う。
それは誰だって同じ。
そういう考えないのかな。
自分だって気利く人間じゃないけど、自分以上に気利かない人たちなんだと思った。

なんで、社員より、パートの自分が2時間も残業しなきゃならないの。

なんで社員より長く働かなきゃいけないの。
必死にやってたよ。今日終わらせるように、しっかり考えてレセプト準備してきたの。
でも、混んでたから時間内にはできなかった。

周りの仕事終わらせてから、自分の仕事に取り掛かった。
やっと取り掛かれた。20時過ぎてから。
社員が帰った時間。

レセプト。
また100%にはできなかった。
リーダーは「もうできてると思うけどなぁ...」と仰って下ったけど。
自分では全然満足いっていない。
不足してる点が何個もある。もう何度もやってるのに。そこは悔しい。

レセプト、こちらから言わないと、リーダー見てくれないみたい。
やっぱりチェックして頂かないと不安で仕方ないから。
言わなきゃだめなんだというのは今日初めて気付いたから。次回に生かしたい。

返戻。
重複請求が多過ぎるということで、直し方、改めて教えて頂いた。仕組みも一緒に。
「あぁそうだよなぁ」と学びながら、
返戻が多いということは、多く入力している自分のせいなのか?と思った。
そこに結びついてしまった。ネガティブなところに。
「保険、気を付けて見てみて」とのご指摘を頂いた。

自分のせいであるのは確かかもしれない。入力が多い分。
でも、自分のせいだけではないはずだ。
自分が休みの日だってあるし、薬剤師だって入力する。
リーダーが間違うことがないのは分かっているけど。
だから、絶対に自分が悪いとは言えないと思う。
けど、直接指導があったから、自分がいけないのかなと思った。
謝らなければいけないのかなと思った。

難しいし、返戻だって少ない方がいいわけだから、
これはどうにかしていきたい。自分の負担を減らすことにも繋がるから。

でも、他のことはもうちょっとどうにかなるはずだ。
何でもかんでも、こちらに押し付けられるのは正直かなり迷惑だ。
いくら事務だからって。
売場だって在庫見ておかなければならない。発注だってかけなきゃならない。

返品も、発注もできない人がいるからって全部こっちがやらなきゃいけなくて、
調剤のことは勿論、売場の管理もしなきゃいけない。
やらなきゃいけないことがあまりにも多過ぎる。
やっぱり負担が重過ぎる。

私はもう容量オーバーだよ。

耐えられないよ。

体にも悪影響、出てきたよ。
腰の痛みが酷くなる一方。木曜日、整骨院で診て貰ったら、炎症起こしてるって。
骨盤のところも何かが離れちゃってるって。
「一日おきに通院して下さい」とのこと。
毎日残業して、今日まで全然行けなかった。もう泣きそうだよ。

もういっぱいいっぱいなんて、そんなところを越えてしまった。

「もう死んでしまいたい」

退勤して、夜、空見上げながらそう思うの。
『もういいや』って。もう疲れてしまった。
仕事も、体も、人間関係も。

愚痴とか不満とか、そういうのしか出てこない。

感謝しようと思ったこともある。
仕事があるのは有難いことだし。
でも、今はそう思うことができない。

体は常に痛くて限界だし、処方せん押し付けられて「ありがとう」なんて到底思えない。

私はロボットではないから。

凄いリーダーの下に居させて頂けることはとても光栄なことだから、
もっとスキルアップをしたいと思ってる。
自分のためにも。もっと仕事ができるようになりたいと思ってる。

昔はできかったことが、今はできるようになったりしたこともあって、
そういうところには喜びを感じる。

でも、仕事ができるようになったことによって、
何でもこちらに押し付けられるのだったら、
もう仕事できなくてもいいと思ってしまう。

本当にストレスでしかない。

何のために、私は仕事をしているんだろう。
このままだと本当に死んでしまいそう。

生まれて初めて、自ら腕を傷付けた。
何とも思わなかった。罪悪感なんてなかった。

この先に、光を見つけられるような気がしない。
ここまで。
11月6日(金)
週末にやるように言われたことが3つ。
どれも短時間で終わることじゃない。
けれど時間は限られているから、効率良く、スピード上げてやるしかないなぁ。

11月8日(日)
昨日は30分以上残業したけど、全然終わらなかった。
日曜で全部やるしかないけど、混んでたり、
途中であちこち言われたりして、なかなかできなかった。
最後の1コ始めようとした時は退勤の20時だった。
でも、残すわけにはいかないし(残して帰ると多分嫌な顔される)
先生は仕事終わったって言ってたから、一人で残った。
結局帰りは22:30。

この日は辛かったなぁ...
やってる最中に4つも5つも「これも」「これは?」って言われて。
ロボットじゃないから同時に何個もできません。
聖徳太子じゃないから同時にいくつも聞こえません。
人を殴っても罪にならないのなら、殴ってたと思う。

結局、熟せていたのかなぁ。
自分では全部熟せた気がするんだけど、あんまり自信ない。

よかったことは、先生が気持ちを理解して下さったこと。
事務として仕事の量が不公平だということ、
先輩事務がよそで色々わたしのことを言っているらしいけど、
どれだけ調剤事務の仕事をやっているんだ。納得できない。
先生は全部聞いて、分かってくださった。

それから、夜一人で残っているとき、尊敬する先輩が
何回か話しかけに来て下さったこと。
様子を見に来てくれたのかどうか分からないけど。
この2つが本当に有難かった。

先生が「この子は残業して帰るから」とその先輩に伝えてくれた時、
「大変でもう限界なの!」と訴えてくれた、
それ聞いて『私、全然大丈夫だよ』と思ってたけど、
全然大丈夫ではなかったらしい。
帰りの支度してる時、泣きそうで、帰ってきたら大号泣だった。
やっぱり限界だったらしい。

11月12日(木)
言われていたことは全部終わっても、新しい仕事がある。
また次々に増えていく。
「わたしの体は一つしかない!」と言いたいくらいだった。

けれど、仕事があるのはとても有難いことなんだ。
MAIN → NEXT
プロフィール

由良

Author:由良
                          
うつと戦う、ひとりごと。
つよくなるために。
 
*K-popと言葉と写真が好きです。                                                                   

                      

最近の記事
カテゴリー
カウンター
Thank you!
web*citron
ブログ内検索
リンク
OTHERS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。